FANDOM


アヴァリWiki日本語版へようこそ!編集

ここはRyuujinZERO氏による創作生物「アヴァリ族(Avali race)」に関する全てを扱う公式wiki「The Official Avali Wiki」の日本版ページです。
当wikiは本家である英語版wikiのスタッフJ Mourne氏からの許可の元、製作されています。


※このwikiはまだ工事中です。英語版Wikiの原文日本語訳の他、修正・加筆してくれる方を求めています。

アヴァリって何?編集

IlzScxX.jpg

代表的なアヴァリの例

手短な説明:「4つ耳」「小柄」「ポスト特異点」「ふわふわ」「遊牧民」「鳥類」「宇宙恐竜/スペースラプター」「小さな狩人」「歌手」等の要素を持つケモノ系種族。

やや長い説明:遥か彼方遠くの宇宙、ゴルディロックスゾーンから外れた宇宙空間にある氷の惑星「アヴァロン星」に住み、遊牧民や狩人をやりながらパック(群れ)を作って行動する。4つの耳により視力以上に聴力に優れ、眼以上に耳で動く、耳を第一感覚機能とした種族である。そして歌や美術などの芸術的な文化を大事にする。多くが遊牧民や狩人でありながら非常に優れた現代的テクノロジーを持ち、「遊牧民=アナログ」といったイメージを覆す種族として宇宙に存在する。


案内編集

Latest.png

アヴァリ族のシンボルマーク

設定 イラスト・小説等 サポート
生態 イラスト、コンセプトアート ロールプレイ
技術 ファンアート FAQs
文化 ファン小説
歴史
外交政策

コンセプトの歴史編集

アヴァリ族は「異星人達の各文化において、意見や発想の相違が彼らをいかに異なる方向へ発展させるのか」という題の元に生まれ、1匹1匹が全く異なる姿と性格を持つ種族として作られる。


P4ji1Cd.png

スポア時代のアヴァリ

一番最初に明確な姿を持ってこの世に発表されたものは、PCゲーム「スポア(Spore)」用に作られたMODだった。

スポア公式フォーラム上におけるアヴァリ族MODのスレッド
この時代に、ある偶然から「イユーバチ(Iubati)」という名称がつけられる。
この当初はまだ「アヴァリ」という名称はなく、主にイユーバチという名称で呼ばれていた。
後にイユーバチという呼称は現在におけるアヴァリの学名という扱いになるが、単にイユーバチというとスポア時代の旧アヴァリのことを示す場合もある。

7ea5078f065a8cd52b9f0a26e3f7666c.jpg

スポア時代のアヴァリの公式イラスト

スポア時代のデザインは現在主に知られているのものとは異なりやや強面な印象で、サメのような長いマズルがある。
RyuujinZERO氏からは「ふわふわ羽毛カンガルーネズミオオカミサメラプトル(fluffy-feathery-kangaroo-rat-wolf-shark-raptor)」という形容がなされていた。
このスポア版アヴァリは今のアヴァリ人気に比べるとあまり注目されているとは言えないものだった。
しかしコンセプトだけは保持したまま、長年に渡ってデザイン上の改良・設定の更なる充実化が着々と行われた。

Mo1smVr.jpg

スターバウンド時代のアヴァリ

そして数年後、アヴァリはPCゲーム「スターバウンド(Star Bound)」用のMODとして再び世に姿を現す。
スポア時代に比べて大きなデザインの変化を経たアヴァリはスターバウンドプレイヤーの大部分から好評を得て、
スターバウンドのプレイヤーを越えた層にまで人気が及び、これが今現在のアヴァリという存在のスタンダードとなる。

スターバウンド公式フォーラムにおけるアヴァリMOD配布ページ
Catalina Industries Incorporatedによるアヴァリ用アイテム配布ページ
アヴァリ族を含む、複数のスターバウンド用MOD種族達を交流させるMOD

アヴァリの作者について編集

HDGyAFn.jpg

アヴァリという種族とアヴァリを取り巻く世界観の原作者であるRyuujinZERO氏(Ryuujin氏とも)は、本人が正体不明であることを好んでいるため、個人に関する情報はあまり公開されていない。
しかし少なくともイギリス人男性であり、アヴァリMODに見られるように優れた技術力を持つMOD師であると同時に絵師でもある。
Ryuujin氏は過去にも「ネヴァーウィンター・ナイツ(Neverwinter Nights)」、「オブリビオン(Oblivion)」、「スカイリム(Skyrim)」、「フォールアウト3(Fallout 3)」、「フリーランサー(Freelancer ※日本未発売)」のMOD開発に携わったことがある。

FurAffinity上のページ
deviantART上のページ

二次創作や利用について編集

アヴァリは誰でも自由に二次創作が出来るオープンな種族であるため、
二次創作に関して(コミッションにおける依頼対象などの場合も含む)はどのようなものでもRyuujinZERO氏からの許可は特に求めなくてもいいことになっている。

商用利用など企業間で金銭の発生する利用についての場合は現在具体的な規約が表明されていないため、
そういった利用を行いたい場合は必ずRyuujinZERO氏に相談するのが望ましいと思われる。

ニュース編集

  

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki